So-net無料ブログ作成

夏の甲子園のカテゴリ記事一覧

高校野球ファン必見!!秋季大会2015・明治神宮大会2015・センバツ2016・夏の甲子園2016・国体2016と高校野球の注目選手や戦力分析などの情報をお届けします!

カテゴリ:夏の甲子園

夏の甲子園のカテゴリ記事一覧。高校野球ファン必見!!秋季大会2015・明治神宮大会2015・センバツ2016・夏の甲子園2016・国体2016と高校野球の注目選手や戦力分析などの情報をお届けします!
2..

夏の甲子園
2016年夏の甲子園 大会14日目(準決勝)の試合結果と決勝の組み合わせ日程!第98回全国高校野球選手権大会も、準決勝2試合が行われました。第1試合は、7年連続..

記事を読む

2..

夏の甲子園
2016年夏の甲子園 大会12日目(準々決勝)の試合結果と準決勝の組み合わせ日程!第98回全国高校野球選手権大会も、いよいよ準々決勝を迎えました。この記事では、..

記事を読む

2..

夏の甲子園
2016年夏の甲子園 大会11日目の試合結果と準々決勝の組み合わせ日程!第98回全国高校野球選手権大会も、いよいよベスト8が出揃いました。8月7日(日)に開幕し..

記事を読む

夏の甲子園2016 大会14日(準決勝)の結果と決勝戦の組み合わせ(8/20)

2016年夏の甲子園 大会14日目(準決勝)の試合結果と決勝の組み合わせ日程

第98回全国高校野球選手権大会も、準決勝2試合が行われました。

第1試合は、7年連続18回目の出場の明徳義塾(高知)と
6年連続12回目の出場の作新学院(栃木)の対戦


第2試合は、2年連続37回目の出場の北海(南北海道)と
15年ぶり2回目の出場の秀岳館(熊本)の対戦となりました。


それでは、大会14日目(準決勝)の試合結果と決勝の組み合わせをご紹介します。



スポンサーリンク




【大会14日目・準決勝/8月20日の試合結果】


◇第1試合(準決勝)

・作新学院(栃木)ー 明徳義塾(高知)

作新学院
203311000 10
001100000  2
明徳義塾


作新学院は、15安打・10得点をあげ54年ぶりの決勝進出を果たしました!


作新学院は、初回から明徳義塾を攻め、二死二、三塁で5番の藤野選手がライト戦へ
二点タイムリーヒットといきなり2点を先制。


続く3回には、1点を追加し、なお一死二、三塁で、またも5番の藤野選手が左中間に
2点タイムリーヒットを打ち、5-0と試合を有利にしました。


なお、4回には、この回の先頭打者・8番の鮎ヶ瀬選手が左中間の2塁打を放ち、
9番の今井選手がレフト線への2塁打で1点追加。

さらに2番の山ノ井選手の内野安打の隙に1点追加し、
4番の小林選手がレフト前ヒットを放ち、さらに1点を追加し8-1としました。

5回には、7番の篠崎選手がライト戦にスリーベースヒットを放ち、
8番の鮎ヶ瀬選手がライトへ犠牲フライを打ち、9-2に。

6回にも4番の小林選手がライト前にヒットを放ち、1点を追加し10-2としました。


作新学院は、注目の右腕・今井達也投手が先発し、5回まで投げ2失点、
その後は宇賀神投手~入江投手と継投し、明徳義塾を寄せ付けませんでした。


敗れた明徳義塾ですが、好投手の今井投手から3回・2番の西村選手が、
レフトスタンドへソロホームランを打っています。


◇第2試合(準決勝)

・北海(南北海道)ー 秀岳館(熊本)

秀岳館
000000120 3
00301000× 
北海


引き締まった好ゲームでしたね。

北海は、序盤のリードを守り初の決勝進出を果たしました!


北海は、12安打を放ち毎回のようにランナーをだしましたが、
秀岳館の継投の前に4得点、後半の追い上げをなんとか凌いだ試合でしたね。

3回裏、二死二、三塁となり8番の大西投手は、
右中間を破るスリーベースヒットで2点を先制。

続く9番の鈴木選手の打球は、三塁への内野安打となり、
さらに1点を追加し、3-0としました。


5回の裏には、二死三塁となり1番の小野選手がレフト前に
タイムリーヒットを放ち1点を追加し4-0としました。


粘りを見せる秀岳館は、7回に1点、8回には九鬼選手のライトへの鋭い当たりで、
追加点とエラーの間にホームインし2点を追加。


北海のエース・大西投手から8安打と攻めましたが、
あと一歩届きませんでした。


勝敗を分けたのは、初回の秀岳館の攻撃、

一死三塁と攻め3番・木本選手のときにワイルドピッチに…

三塁走者が本塁をつくも、大西投手がカバーしタッチアウトにしました。

ここで、先制点を取っていれば、流れは秀岳館に行っていたかもしれませんね。



スポンサーリンク







◇大会15日(8/21)決勝の組み合わせ

・作新学院(栃木)- 北海(南北海道)


いよいよ決勝戦となりました。

午後2時試合開始予定です。


決勝戦の見どころは、やはりエース対決となるんでしょうね。

好調の作新学院打線を北海のエース・大西投手はどう抑えるのか?

北海打線は、好投手、作新学院のエース・今井投手をどのように攻略するのか?


◇2校の甲子園での戦歴◇


・作新学院

2回戦(8/12)尽誠学園(香川)に3-0

3回戦(8/17)花咲徳栄(埼玉)に6-2

準々決勝(8/18)木更津総合(千葉)に3-1

準決勝(8/20)明徳義塾(高知)に10-2

エース・今井投手は、準決勝戦のみ5回で降板


・北海

2回戦(8/12)松山聖陵(愛媛)に2-1

2回戦(8/17)日南学園(宮崎)に4-1

準々決勝(8/18)聖光学院(福島)に7-3

準決勝(8/20)秀岳館(熊本)に4-3

エース・大西投手は、4試合連続完投


第98回全国高校野球選手権大会の優勝は、作新学院か?北海か?

楽しみですね♪

 カテゴリ

 タグ

夏の甲子園2016 大会12日(準々決勝)の結果と準決勝の組み合わせ(8/18)

2016年夏の甲子園 大会12日目(準々決勝)の試合結果と準決勝の組み合わせ日程!

第98回全国高校野球選手権大会も、いよいよ準々決勝を迎えました。

この記事では、準々決勝4試合の結果と準決勝の組み合わせをお届けします。

この夏、一度も負けなかった高校が優勝するのですが、
ベスト8に残った高校は以下のようになりました。


北海(南北海道)2年連続37回目

聖光学院(福島)10年連続13回目

常総学院(茨城)3年ぶり16回目

作新学院(栃木)6年連続12回目

木更津総合(千葉)3年ぶり5回目

鳴門(徳島)5年連続11回目

明徳義塾(高知)7年連続18回目

秀岳館(熊本)15年ぶり2回目


この中で、未だ優勝のない都道府県は、福島県熊本県の2県となります。

もっと大きく見てみると、東北地方(青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島)の6県には、
春夏合わせても優勝がありません。


また、ベスト8進出校で、優勝すれば初優勝となるのは、
北海聖光学院木更津総合鳴門秀岳館の5校となります。

常総学院は、第85回大会(2003年)に初優勝、

作新学院は、第44回大会(1962年)に初優勝、

明徳義塾は、第84回大会(2002年)に初優勝、

それぞれ初優勝しており、今年優勝すると、それぞれ2回目の全国制覇となります。


それでは、大会12日目(準々決勝)の試合結果と準決勝の組み合わせをご紹介します。



スポンサーリンク




【大会12日目・準々決勝/8月18日の試合結果】


◇第1試合(準々決勝)

・常総学院(茨城)- 秀岳館(熊本)

常総学院
000010000 1
01100200×  4
秀岳館


秀岳館は、5安打・2本塁打で4得点を奪い、継投で初の4強入りを果たしました。

川端投手は5イニングを1失点~中井投手は3イニング2/3を無失点~有村投手は1/3イニング無失点

この継投策で常総学院打線を5安打・1失点に抑えています。

2回の裏・5番の天本選手がレフトスタンドへソロ本塁打で先制、

3回の裏には、1番の松尾選手がレフトスタンドへソロ本塁打で追加点、

6回裏には、常総学院の守備の乱れもあり、2点を追加しました。


注目の鈴木昭汰投手(常総学院)は、4回からライトの守備にまわり、
マウンドには、倉田投手が上がりました。



◇第2試合(準々決勝)

・鳴門(徳島)- 明徳義塾(高知)

明徳義塾
010200000 3
000000000 0
鳴門


明徳義塾は、先発エースの中野投手が3安打完封し、4年ぶりに4強入りを果たしました。

13安打3得点の明徳義塾は、2回表・8番の今井選手がレフト前のタイムリーヒットで先制。

4回にも今井選手はタイムリーヒットを打ち1点を追加し、さらに押し出しで追加点。

鳴門の先発、エースの河野投手は好投しましたが、8イニング投げ尾崎投手に交代しています。



◇第3試合(準々決勝)

・北海(南北海道)ー 聖光学院(福島)

北海
020220010 7
300000000 3
聖光学院


北海のエース・大西投手の粘り強いピッチングで、88年ぶりのベスト4に進出を果たしました!


初回に3点を先制された北海は、12安打・1本塁打で7得点奪い逆転勝利。

3点を追う2回に、一死三塁で8番の大西投手が、レフトでタイムリーヒット、
さらに押し出しで、この回2点を返しました。

4回には、二死一、三塁で、2番の菅野選手のレフト前で同点に、
さらに、3番の佐藤選手のセンター前で1点追加し勝ち越しました。

さらに5回には、5番の川村選手が右中間にソロホームランを放ち、
その後、一死一、三塁となりスクイズで6点目を奪いました。

エースの大西投手は、聖光学院打線を9安打・6奪三振・3失点と完投勝利。

聖光学院は、鈴木(駿)投手~鈴木(拓)投手~斎藤投手~三浦投手と継投しましたが、
勢いは北海のままでした。



◇第4試合(準々決勝)

・作新学院(栃木)ー 木更津総合(千葉)

作新学院
102000000 3
000000100 1
木更津総合


作新学院のエース・今井達也投手の好投で5年ぶりのベスト4進出を果たしました!

作新学院の今井達也投手は、6安打・9奪三振・1失点に、
木更津総合の早川隆久投手は、6安打・7奪三振・3失点と
好投手同士の対決となりました。

先制した作新学院は、初回に3番の入江選手が左中間にソロホームラン。

三回には、二死一塁で2番の山ノ井選手がライトスタンドへ2ランホームラン。

その後、両投手の投げ合いとなり7回の裏に木更津総合は、1点を返しましたが、
2塁走者が牽制アウトになり、流れに乗れませんでした。



スポンサーリンク







◇大会14日(8/20)準決勝の組み合わせ

・第1試合/10:00予定:作新学院(栃木)ー 明徳義塾(高知)

・第2試合/12:30予定:北海(南北海道)ー 秀岳館(熊本)



いよいよベスト4が決まり、今年の夏の甲子園も残り3試合となりました。

2回目の全国制覇を目指す、作新学院と明徳義塾。

初の全国制覇を目指す、北海と秀岳館。


決勝戦は、2回目の全国制覇か?初の全国制覇か?

楽しみな組み合わせとなりそうです。

準々決勝で敗退した聖光学院は、今年も東北地方にまた福島県に
優勝旗を持って帰ることが出来ませんでしたね。

10年連続で夏の甲子園に出場しているだけに、大きな期待もあったことでしょう。

また、来年に期待したいと思います。


第98回全国高校野球選手権大会の準決勝戦は、8月20日(土)の午前10時から、

決勝戦は、8月21日(日)の午後2時から行われます。

全国3876校の頂点が間もなく決まりますね!

夏の甲子園2016 組み合わせ 大会11日の結果と準々決勝の日程(8/17)

2016年夏の甲子園 大会11日目の試合結果と準々決勝の組み合わせ日程!

第98回全国高校野球選手権大会も、いよいよベスト8が出揃いました。

8月7日(日)に開幕し、ここまでほんと早いですね~


今年は、好投手が豊作な年といわれプロ野球のスカウトも注目していますが、
暑い夏を戦う中、2番手投手が大きな存在となっているように思います。


それでは、大会11日目の試合結果と準々決勝の組み合わせをご紹介します。


【大会11日目/8月17日 試合結果】


◇第1試合(三回戦)

・聖光学院(福島)- 東邦(愛知)

聖光学院
100012100 5
010000010 2
東邦


聖光学院は、13安打5得点で東邦をくだし、
2年ぶりの準々決勝進出を決めました。


先発した聖光学院の背番号8の鈴木駿輔投手は、
東邦打線を7安打2失点・5奪三振に抑えました。

また打つ方でも、鈴木選手は、5打数2安打と活躍しています。



◇第2試合(三回戦)

・花咲徳栄(埼玉)- 作新学院(栃木)

花咲徳栄
000100010 2
05000001× 6
作新学院


注目の投手対決と思いきや、作新学院はエースの今井達也投手
一方の花咲徳栄は、背番号10の網脇投手が先発でした。

今井投手は、この試合でも好投を見せ、花咲徳栄打線を6安打2失点・
10奪三振と132球完投勝利をおさめました。


花咲徳栄のエース・高橋昴也投手は、3番手投手としてマウンドに上がり、
5イニングを投げ、3安打失点1・4奪三振と好投しましたが、序盤の失点が痛かったですね。


作新学院は4年ぶりの8強となります。



スポンサーリンク




◇第3試合(三回戦)

・木更津総合(千葉)- 広島新庄(広島)

木更津総合
100000100 2
000000000 0
広島新庄

木更津総合のエース・早川隆久投手広島新庄のエース・堀瑞輝投手の投げ合い!

両左腕エースの投げ合いとなった第3試合は、木更津総合が夏初のベスト8進出となりました。

早川投手は、9回を3安打無失点と2試合連続で完封!

敗れた広島新庄の堀投手も、6安打2失点・7奪三振無四球と好投しましたが、
一回に木更津総合の2番・木戸選手に本塁打を浴び、
七回には、7番井上選手のセンター前にヒットを打たれ追加点を奪われました。

この七回の失点が痛かったですね。



◇第4試合(三回戦)

・日南学園(宮崎)- 北海(南北海道)

日南学園
100000000 1
01000003× 4
北海


北と南の対決となった第4試合は、両チームともエースが主将を務め、
好カードとなりました。

投手戦となったこの試合、試合を決めたのは、8回裏北海の攻撃でした。

4番・佐藤選手のタイムリーツーベースで1点を奪い、続く5番・川村選手の2点本塁打!

8回裏に大きな3点を追加しました。

大西投手は、9回を投げぬき4安打1失点、無四球で2試合連続完投勝利、

敗れはしましたが、身長160cmと小柄なエース森山投手も一人で投げぬき、ナイスピッチングでした。


北海は、22年ぶりのベスト8となります。



スポンサーリンク







◇大会12日(8/18)準々決勝の組み合わせ

・第1試合/ 8:00予定:常総学院(茨城)- 秀岳館(熊本)

・第2試合/10:30予定:鳴門(徳島)- 明徳義塾(高知)

・第3試合/13:00予定:北海(南北海道)ー 聖光学院(福島)

・第4試合/15:30予定:作新学院(栃木)ー 木更津総合(千葉)


◇準々決勝の見どころ◇

常総学院vs秀岳館

低めを粘り強く投げる鈴木昭汰投手vs打線が自慢の秀岳館!

秀岳館はこれまで継投できており、鈴木昭汰投手の出来がカギになりそうです。


鳴門vs明徳義塾

四国対決となりましたね。

鳴門は、左腕エース・河野投手の緩急をつけた投球に、強肩強打の佐原捕手が軸、

明徳義塾は、中野投手・金津投手の両右腕を中心に、継投で逃げ切れるか?


北海vs聖光学院

北海の大黒柱・主将でエースの大西投手vs打線に切れ目のない打線の聖光学院

聖光学院は、エースの鈴木拓人投手を温存しており、北海の打線がカギになりそうです。


作新学院vs木更津総合

絶対的エース対決!

作新学院の今井達也投手vs木更津総合の早川隆久投手

作新学院の強力打線とチャンスに強い木更津総合打線になります。



4試合とも楽しみな試合ばかりですね。

個人的には、明徳義塾の馬淵監督の差配に興味津々です。

また第4試合のエース対決も楽しみです。


大会13日目の8月19日(金)は、休養日となりますので、ご注意ください。

2016年夏の甲子園もいよいよ大詰めです!
Copyright © 2015-2016高校野球日程と注目選手・戦力分析! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

お笑い芸人になるには

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。