So-net無料ブログ作成

ドラフトのカテゴリ記事一覧

高校野球ファン必見!!秋季大会2015・明治神宮大会2015・センバツ2016・夏の甲子園2016・国体2016と高校野球の注目選手や戦力分析などの情報をお届けします!

カテゴリ:ドラフト

ドラフトのカテゴリ記事一覧。高校野球ファン必見!!秋季大会2015・明治神宮大会2015・センバツ2016・夏の甲子園2016・国体2016と高校野球の注目選手や戦力分析などの情報をお届けします!

ドラフト
第98回全国高校野球選手権大会は、作新学院の54年ぶりの優勝で幕を閉じましたね。夏の甲子園が終わって寂しい思いをされていることと思いますが、まだまだ終わっていま..

記事を読む

ドラフト
履正社のエース・寺島成輝投手!「世代ナンバーワン左腕」との呼び声が高く、多くのスカウトから注目され、今秋のドラフト1位候補として注目されています。激戦区の一つ、..

記事を読む

ドラフト
木更津総合のエース・早川隆久投手!2016年プロ注目の左腕ですが、大学に進学か?それともプロの道に進むのか?とても興味深いところですね。千葉県にある木更津総合は..

記事を読む

ドラフト会議2016の日程は?A評価はだれ?(高校投手)

第98回全国高校野球選手権大会は、作新学院の54年ぶりの優勝で幕を閉じましたね。

夏の甲子園が終わって寂しい思いをされていることと思いますが、
まだまだ終わっていませんよ!

この後、U-18アジア選手権が8月30日(火)~9月4日(日)に開催され、
国体が岩手県で10月2日(日)~10月5日(水)の日程で行われます。

そして、そのあとには…

そうです。いよいよ注目の2016年ドラフト会議があります!

今年は、好投手が多く高校生が上位指名を受けるのではと予想されます。

気になるドラフト会議の開催日ですが、

2016年10月20日(木)に決定しました!!


時間や開催場所などの詳細については、まだはっきりと分かっていませんので、
発表され次第記事に追記いたします。


ちなみに昨年(2015年)は、東京にある「グランドプリンスホテル新高輪」において
午後5時より行われています。

おそらく今年も同じように開催されることと思われます。



スポンサーリンク




高校生のドラフト候補は?


気になる高校生のドラフト候補は…

その前に、そもそもドラフト会議とは?

毎年、ドラフト会議が行われ、「話題の○○選手がどこそこの球団に指名されました」と
ニュースになりますよね。

ドラフト会議とは、日本野球機構が開催し、
新人選手獲得のために12球団が集まり行う会議で、
正式名称は、「新人選手選択会議}といいます。


ここでは、あくまでも球団が交渉権を獲得するということになります。


また、高校生は、所属する連盟にプロ志願届を提出していないと、
指名することができません。


つまり高校生は、プロに行く意思があるのか、大学に進学するのか
はっきりさせないといけないことになります。


これは、大学生も同じで、学生はプロ志望届が必要となります。


◇ドラフト候補と予想される高校生は?

プロ志願届を提出すれば、間違いなく指名がかかるであろう選手は、

今年、夏の甲子園での優勝投手、作新学院の今井達也投手(右投・右打)に、

履正社のエース・寺島成輝投手(左投・左打)

花咲徳栄のエース・高橋昴也投手(左投・左打)

横浜の藤平尚真投手(右投・右打)

この4投手は、まず1位指名を獲得するものと思われます。


また他にも、上位指名で消えると予想されるのは、

木更津総合のエース・早川隆久投手(左投・左打)

広島新庄のエース・堀瑞輝投手(左投・左打)

創志学園のエース・高田萌生投手(右投・右打)

常総学院のエース・鈴木昭汰投手(左投・左打)


このように左投手が多いことが今年の特徴ですね。


まだ他にも、甲子園に出場していない高校からも注目の投手がいます。

センバツには出場しましたが、大阪桐蔭のエース・高山優希投手(左投・左打)や

二松学舎大付のエース・大江竜聖投手(左投・左打)、

江陵のエース・古谷優人投手(左投・左打)

なども実力があり今後注目の投手です。



スポンサーリンク







今年の夏の甲子園では、BIG3といわれた3投手がいました。

花咲徳栄の高橋昴也投手に、横浜の藤平尚真投手、そして、履正社の寺島成輝投手です


この3投手はもちろん注目されることでしょうね。


人生の一大イベントである、ドラフトによって、
気になる選手がどこの球団に行くのか?

今後も注目していきます!

 カテゴリ

寺島成輝投手(履正社)ドラフト2016情報 巨人か?阪神か?複数の球団が指名?

履正社のエース・寺島成輝投手!

世代ナンバーワン左腕」との呼び声が高く、多くのスカウトから注目され、
今秋のドラフト1位候補として注目されています。


激戦区の一つ、大阪府にある履正社は、
大阪桐蔭という大きな壁に甲子園出場を阻まれてきましたが、
この夏、実に6年ぶりとなる3回目の出場を果たしました。


その甲子園では、二回戦でいきなり同じ優勝候補校の横浜と激突!

藤平尚真投手と投げ合いは大きな話題となりましたね。


寺島成輝投手の特徴は、何といっても恵まれた体格から投げる本格派左腕です!

最速150㎞のストレートにスライダー・カーブ・チェンジアップ・フォークと操ります。

最近の高校生レベルでは、150㎞ほどのストレートを投じる投手はいるのですが、
寺島成輝投手は、制球力の良さも高い評価をされています。


ピッチングには、力みがなくカウントを取りにいくボールは130㎞後半、
しかし、決め球は150㎞近くのボールが、コーナーをつくなど力の入れどころを
知っている高校生離れした投手でもあります。



スポンサーリンク




◇寺島成輝投手のプロフィール◇

・生年月日:1998年7月30日

・出身地:大阪府高槻市

・身長/体重:183cm/86㎏

・投/打:左投/左打


寺島成輝投手が、野球を始めたのは、幼稚園の終わりだそうで、
国分寺スカイホークス(軟式)に所属していました。


なんとも早くに野球を始めたんですね~

小学3年時に東京から大阪に戻り、日吉台小学校に通い4年生時に茨城リトル(硬式)に入団しています。

中学時代は、茨城市立東中学校に通い、箕面ボーイズに所属。

3年の夏に世界大会優勝を成し遂げているそうです。


その後、高校は履正社へと進学しますが、
履正社には、当時、溝田悠人投手永谷暢章投手の2枚看板がいました。


しかし、寺島成輝投手は、その1年先輩となるライバル2人を押しのけ、
1年の秋には見事エース番号「1」を獲得しています。

やはり只者ではないですね。

エースとなった寺島成輝投手は、1年時には、13奪三振を記録する快投ぶり、
2年時には、36イニングで45奪三振を記録するなど、
2年からすでにプロから注目されていました。



スポンサーリンク







プロ入りの可能性は?


気になるプロ入りの可能性ですが…

ある新聞紙の報道によると、早くもプロ志望を表明するとかで…

もちろん、家族としっかりと話し合い、岡田監督とも相談し決断することでしょう。

仮に、プロ志望届を提出するとなると、もちろん1位指名で競合となることは必至ですね。


この秋のドラフトで、注目したいと思います。

 カテゴリ

早川隆久投手(木更津総合)ドラフト2016情報 早稲田大学に進学も?

木更津総合のエース・早川隆久投手!

2016年プロ注目の左腕ですが、大学に進学か?それともプロの道に進むのか?

とても興味深いところですね。


千葉県にある木更津総合は、

2016年のセンバツに2年連続3回目の出場を果たしベスト8に進出

また、同じく夏の甲子園でも、3年ぶり5回目の出場を果たしベスト8となりました。

その大きな原動力となったのが、
エースの早川隆久投手といっても過言ではないでしょうね。


早川隆久投手の特徴は、何といっても投球術にあります。

最速146㎞のストレートに、スライダー・カーブ・ツーシームなどを操り、
その制球力や球のキレは、プロのスカウトからも高い評価をされています。

また、出所が見づらい投球フォームも特徴の一つで、
肘が柔らかく使えているおかげで、球持ちが長いのも高評価となっているところです。



スポンサーリンク




◇早川隆久投手のプロフィール◇

・生年月日:1998年7月6日

・出身地:千葉県横芝光町

・身長/体重:180cm/74㎏

・投/打:左投/左打

・6歳年上と2歳年上のお姉さんがおられるそうです。


早川隆久投手は、小学時代にソフトボールをはじめ、

横芝中時代は学校の軟式野球部に所属しています。

ボーイズやシニアなどのクラブチームではなかったのですね。

木更津総合高校に進学し一時期、肘を痛め外野にコンバートされましたが、
1年の夏には復帰し、バッティング投手を務めた時に監督の目に止まったようです。

その後は、背番号10をつけ、1年の秋には、県大会優勝し関東大会では準優勝するなど、
エースの座を順調に駆け上がってきました。


3年生となった最後の夏、準々決勝で作新学院に敗れはしましたが、
好投手・堀瑞輝投手を擁する広島新庄に2-0で投げ勝つなど存分に持ち味を見せてくれました。



スポンサーリンク







プロ入りの可能性は?


気になるプロ入りの可能性ですが…

プロ志願届を出せば、複数の球団が関心を示し、
上位で指名されることは間違いなさそうです。

ただ、噂では早稲田大学に進学したいとの希望もあるようで…

というのも、木更津総合の監督・五島氏は早大の出身で、
これまでにも早大にスポーツ推薦で選手を送り出しているようです。


早大は、13番目の球団ともいわれ、有力な高校生が集まる人気大学です。

高校側としても、早大との関係を深めておきたいでしょうしね。

最終的に決断するのは本人ですが、難しい選択となりそうですね。


今後も早川隆久投手の動向を見守っていきたいと思います。
Copyright © 2015-2016高校野球日程と注目選手・戦力分析! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

お笑い芸人になるには

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。